ROKUZAEMONの隠遁生活

まち歩きしながら感じたことを中心に書き留めています

福井の再開発(その2:大名町周辺)

昨日のブログでも触れたが、現在福井駅前はにわかに再開発の波が押し寄せていて、数十年に一度の大変革期を迎えようとしている。
福井の場合、昭和20年(1945)の戦災と、昭和23年(1948)の福井大震災が重なったこともあり、福井駅前などはその多くが昭和20年代から40年代にかけて建物が建てられた状況で、狭小ビルが多く、老朽化が進行しており、お世辞にも魅力ある街ではなかった。だるまや西武(今の西武福井店)のビルができたのが昭和55年(1980)で、駅前商店街では新しい建物だと思うのだが、それでもできてからもうすぐ40年である。余談だが、西武の別館は昔はパルというファッションビルで、その前はジャスコだったという過去を知る人は少ないのではないか。昔は福井駅前にジャスコがあったのだ!(今はないけどね)
01-2.jpg
現在計画中もしくは事業中と思われる再開発の位置を筆者なりに整理してみた。抜けがあったらごめんなさい。ちなみに、地図にして表記するのは著作権上なかなか難しいのだが、OpenStreetMapは、キャプションをつければ使用できるみたいなので、ベース図として使用している。国土地理院の地図に加工して公開するのもハードルが高く、国土地理院に届け出を出さないといけないみたいです。
既にできたハピリンなどは入っていません。
その中でも、大名町交差点付近では、福井銀行本店建て替え、北國銀行福井支店移転建て替え、カトーパーキング跡にホテルドーミーインが建設中であり、福井の中心の景観がここ数年で大きく変わるのではないかと思う。
福井銀行本店.jpg
福井銀行建て替えイメージ(出典:福井銀行HP)
P1010360.jpg
写真は昨年末に撮影。
大名町交差点から見て、手前が福井銀行本店予定地、真ん中が福井映画ビル(解体中)、奥は福銀センタービル(このビルは新しいと思います)
P1010358.jpg
昨年5月に解体工事が始まり、建物はすっかりなくなっている。来年(2020)9月竣工予定とのことである。
P1010357.jpg
その隣に、北國銀行福井支店が移転して建て替えられるとのことである。
元々は福井映画ビルというビルで、主に東映系の映画が上映されていたように記憶している。
昔の写真がないか探したけど、なかったなあ。googleのストリートビューではまだ見ることができますので見たい人はそちらを参照してください。
しかし地元地銀の福井銀行と北國銀行が仲良く隣り合わせでお店を並べるというのはなかなか感慨深い。しかも設計も同じ三菱地所設計だったりする。
PC270310.jpg
12月27日付の福井新聞によると、現在あるビル(福井北国ビル)は移転完了後解体し、オフィスビルとして活用を検討しているとのこと。
PC270300.jpg
大名町交差点といえば、福井繊協ビルも2023年度をめどに建て替える計画とのことである。
我々世代でいうと、このビルは、京福バスターミナルがあったビルのほうがなじみがある。また大名町交差点には地下道があり、ビルの地下1階飲食街につながっていて、いわば福井唯一の地下街のような場所だったのだ。(薄暗かったけど)
PC270315.jpg
北ノ庄通り沿いの立体駐車場だった場所に、現在ビジネスホテルの「ドーミーイン」が建設中で、もうすぐ竣工するのではないかと思う。当初は昨年10月の国体までの完成を予定していたみたいだが、当初より遅れたようである。
民間主体の再開発についてざっと整理したが、福井駅前や浜町界隈などでは道路修景整備や公園整備など公共ベースの整備は比較的行われているので、次の機会にはそのあたりについても紹介できればと思う。