ROKUZAEMONの隠遁生活

まち歩きしながら感じたことを中心に書き留めています

東尋坊と瀧谷寺

久しぶりの更新である。みんな元気してる?

と何を書いているのやら・・

この3か月いろいろありすぎた。一言でいうと天国から地獄へ、というやつか。

自分が何か変わったわけではなく、周囲が激変しすぎて、現在何とも言えない心境である。

2月中はむしろ順調だったんだけどねー。

2月までは、仕事も順調で、お偉い先生を前に講演までやってしまうほどであったが・・

・会社の人事異動で、異動になった部下の仕事(超問題物件)をまるまる引き継ぐことに・・(しかも全く仕事ができないその部下がなんと技術士合格)

・8つも年下の部下だった人間が昇格により上司になる(この部下はあまりにも優秀であり仕方のないところではあるが、いざ部下が上司になるというのがこれほど居心地が悪いとは)他にもなんでこの人がというのがエラクなっていたのー。

・年度末に仲の良い人ばかり大量に会社を去った

今年の春は人生で一番悲しい春かもしれない。

希望が失望に、失望が怒りに変わったのをこれほどまで感じた年はないんじゃないかなー。

あまりのショックとこれまで感じたことのないストレスとで、今週ついに体を壊してしまいました。

やる気なくなるなー。

2年前には技術士に合格して、資格も実績もようやく揃ってきたと思ったんだけどねー。

一寸先は闇よのー。

昨日も今日もまったく朝起きれず。あーあ、どうすれば少しは元気になるんかのー。そうだ、コンポ壊れてしばらく音のない生活が続いたのー。Ipod対応のアンプでも買おうかのー。

ということで、け〇ずデンキにてONKYOのCDレシーバーを衝動買いしてしまった・・(カードで購入したので来月が怖いのー)

RIMG0001.jpg

真ん中のやつがソレ。左右のスピーカーは15年前から使用しているもの。こう見えて5万円する代物だったりして。しかし5万円するだけはあって、音は素晴らしい。ipodも使うこともあるけど、やはり基本的にイヤホンで音楽を聴くのは正直しんどいんだよね。

久しぶりにいい音を聞いて、少しだけ気分が和らいだ。ちょっとだけ救われた気分になりました。

話を戻すと、社内にはあまりにも優秀な部下と、あまりにも出来が悪い部下がいて、昨年度はできの悪い部下(プラス言うことを聞かない部下プラス客先のモンスター)に翻弄された一年だった。言うことのきかない部下がいなくなったと思ったら、何も仕事をしない部下が配属になり、4か月仕事を放っておいた挙句(クレームもいただきましたが)、人事異動で仕事を放り投げて違う部署に行きましたとさ。その尻拭いを自分がするというこのやりきれなさ。

今年はできの悪い部下は去った(加えると客先のモンスターも左遷されたようです)のだが、優秀すぎる部下ばかりに囲まれて、うち1名は上司になるというこの皮肉。

生き地獄よのー。

もう試験はいいかなと思ったのだが、この会社での自分の将来にあまりにも不安を感じる状況で、老骨にムチ打ってでももう一度技術士試験を受けないといけない。しかも最難関の総合技術監理部門で。

説明すると、総監部門は既技術士のみ受験可なのだが、昨年度の合格率何と7%。司法試験並の難易度じゃないの?しかし最低でも2部門目は受からないと会社に居場所はないようである(クビになるわけではないがみじめな思いをするんだろうなー)。しんどいのー。

素晴らしいアンプでエヴァンスやピーターソン、ロリンスなどの音を聞きながら、受験勉強頑張ろうかのー。

もっとも、自殺したいとまでは思わないのだが、写真は自殺の名所東尋坊

RIMG0424.jpg

2週間前に撮影した写真。福井の人間だが福井-金沢のルートから外れている三国にはめったに行くことはなく、15年ぶりくらい久しぶりのような気がする。

RIMG0434.jpg

RIMG0452.jpg

この日は1日有休をとってドライブした時の写真である。ポカポカと春の陽気で気持ち良かったのー。

RIMG0465.jpg

激しい波しぶき

RIMG0480.jpg

RIMG0492.jpg

絶好の観光日和なのだが、前述のとおり既に心はブルーであったため、虚ろな気分で断崖絶壁を望む・・

RIMG0491.jpg

しかしさすがにこんなことはできなかったのー。

次に、以前より行きたいと思っていた三国の瀧谷寺へ。

RIMG0542.jpg

ヤブツバキのトンネルが参道というのは初めて見る光景である。晴れていてこの暗さ。

RIMG0559.jpg

RIMG0560.jpg

本来ならもっと満開の桜が広がっているはずなのだが、前日の嵐で結構散ってしまったんだよねー。ああ、残念。それでもある程度雰囲気は味わってもらえるかも。

RIMG0579.jpg

名勝として名高い築山式の庭園。こういうお庭は違うところでも見たことあるんだけど、どこだったかよく覚えていない。

RIMG0549.jpg

RIMG0593.jpg

筆者が一番気に入ったのは、苔が光り輝く枯山水庭園。龍安寺の石庭も見事だが、ここのお庭も相当良いと思う。

RIMG0743.jpg

帰りに、海を見ながら物思いにふける・・

明けない夜はない、やまない雨はない、いつかいい日が来ると信じるしかない。それでも、今年1年は耐え忍ぶ1年になるかもしれんのー。そういえば、お寺に立ち寄った日は4月8日、お釈迦様の誕生日であった。天上天下唯我独尊とはいかないまでも、1年たって、悟りの境地にたどり着けるといいのー。