ROKUZAEMONの隠遁生活

まち歩きしながら感じたことを中心に書き留めています

銀河戦とハム将棋

あーきの夜長の銀河戦

土曜の夜は銀河戦でお楽しみください。

将棋は見る専門で全く指さないROKUZAEMON。

今日は準決勝羽生二冠(対局当時)と糸谷五段の対局だった。糸谷五段はメチャクチャ早指しが得意で、筆者だけではなく結構ファンは多いのではないだろうか。

羽生二冠とは、過去NHK杯決勝で二度負けており、三度目の正直で是非とも勝ってほしいところである。

戦型は、角交換後に糸谷五段の珍しい手(解説の松尾七段はそう言っていた)から激しい攻め合いになったが、最後ぴったりと寄せきった会心の勝ちであった。

おめでとう。よかったのー。

そんなこんなで、筆者も久しぶりに将棋を指してみた。相手はハムスターですけど。

RIMG0001.jpg

結論からいうと、勝つには勝ったのだが・・

RIMG0002.jpg

どうも、普段将棋を指さないので、序盤の戦型がよくわかんないんだよなー。とりあえず四間飛車にしてみたが・・

RIMG0003.jpg

飛車先の歩をついてきたので、よくわからないが向かい飛車にしてみた。

RIMG0004.jpg

4六角から6五歩でも突いて、飛車角交換でどうかと思ったのだが・・

RIMG0005.jpg

9九角成から8五香は見落としていたのー。

RIMG0006.jpg

6三歩成から攻め合いに出ようと思ったのだが、角合されて、飛車角交換に・・かなり形勢が悪くて、負けるかと思いましたよ。

RIMG0007.jpg

攻めるしかないので桂馬上がって、金まで打ち込んでみました。

RIMG0008.jpg

RIMG0009.jpg

一通り清算したら、運よく王手飛車取りの筋が発生(当然読んでません)。

RIMG0010.jpg

取った飛車をすかさず1段目に打ち込む。一気に形勢がよくなった。銀を受けた手でもある。

RIMG0011.jpg

飛車を交換し合って、金底に歩を打った局面。これで金は大丈夫かのー。

RIMG0012.jpg

再度飛車を打ち込んで、銀合いに対して5五桂とした局面。

RIMG0013.jpg

頭金の詰みはわかるのだが、頭銀で詰んでいるのか確認するのに数分かかった。この辺が素人の将棋よのー。

しかし何とか勝ちました。

ちなみに、勝った瞬間のファンファーレのとき、「はーむーたーろうー」と口ずさむのは私だけだろうか。

とにもかくにも序盤がよくわからんのー。石田流とかゴキゲン中飛車とかよく見るのは見るのだが、だからどうなのか全く理解していないし。

金沢は将棋道場がなくて残念ですね(内灘に超有名なアマチュア主宰の道場はあるみたいだけど、内灘遠いんだよね)。北國文化センターで講座でも開いてくれんかのー。