ROKUZAEMONの隠遁生活

まち歩きしながら感じたことを中心に書き留めています

戸隠の風景

ワールドカップの日本-カメルーン戦で日本がまさかの勝利を収めてから、毎日のようにサッカーの試合を見ている今日この頃である。ちょっとテレビ見すぎでいかんのー。「コマーシャルありませんから」のシーンも見ていたし、松井の華麗なドリブルも見ていたし、韓国がアルゼンチンにコテンパンにやられた試合もみてしまった。しかし今一番気になるのは、デンマークに勝つか否かと、誰が出場するかである。松井と大久保の両ウィングに、トップ下に本田、1トップに岡崎が良いのではないかと思うのだが。あと駒野も良いが内田を入れるのも良いのではないか。なんてにわか評論家になって考えるのが楽しい。

個人的には、「俺、俺俺俺!」のシュンスケ選手が大活躍し、「シュンスケ君大好き!」(かぼちゃワイン風)となるのも見てみたい。何せポルトガル戦は誕生日ですから。全く活躍しなかったオランダ戦のリベンジを期待したいものである。もしだめだったら引退だろうなー。

写真は戸隠に行ったときの写真である。

DSCN0593.jpg

神社の参道というと杉木立をイメージしていたので、このような雑木林に囲まれた参道が延々と続く風景はちょっと感動した。金沢から車で3時間ほどで、普段とは全然違う風景を堪能することができた。

DSCN0612.jpg

杉木立もあるけどね。

DSCN0645.jpg

戸隠山の稜線。修験の山だけあって人を近づけない雰囲気がある。

DSCN0638.jpg

数年前まではあまり信州には行かなかったのだが、ここ数年は少しづつ信州に足が向くようになっている。5年前には渋温泉、去年は木曽路をてくてくとウォーキングしたが、北陸にはない風景がある。特に山の近さとダイナミズム、緑の鮮やかさが魅力である。金沢はこざっぱりとしてきれいな街なのだが、いつもいると飽きてくる部分がある。これからは、もっと信州に足を運ぶ機会が増えるかもしれない。

DSCN0695.jpg

参道に隣接する「戸隠森林植物園」も、新緑がまぶしく絶好の日和であった。やっぱ白樺よのー。

DSCN0720.jpg

こういう風景は石川にはないよなー。

そういえば、サッカー日本代表がスイス合宿した風景はなかなかすばらしかった。今からお金をためてスイスにでも行こうかのー。なんてことを夢見る今日この頃である。