ROKUZAEMONの隠遁生活

まち歩きしながら感じたことを中心に書き留めています

立山の秋

あー、有休とりたい。めっちゃ休みたい。休みとってダイエット登山がしたい!

あとどうでもいいけど普天間基地移設問題はどうなるんだろうか。いっそのこと日米安保条約破棄してはどう?鳩山さんがそのような決断をするのであれば個人的には断然支持する。はっきりいって、基地問題外交問題ではなく内政の問題である。どうして自国の国土利用のあり方を我が国で決められないのか。もともとは占領されてできた基地ではないか。しかもヘリコプターの墜落や米軍兵士の婦女暴行など、アメリカに落度があるにもかかわらず、どうして無条件で基地を返還しようと言わないのか。おかしいじゃないか。海兵隊が必要などというのは単なる言い訳に過ぎない。鳩山総理を擁護するわけではないが、日本国民はアメリカに対してもっと譲歩するよう声を上げるべきなのである。今の日本にとっては、有事の安全保障よりも、平時の安全保障(基地周辺住民の安全確保)のほうが大事なのである。どうして日本人はアメリカに対してこれほどまでに弱腰なのだろうか。情けない。

という、タイトルとはまったく関係のないことを申し述べた上で、今日は「立山の秋」である。昨日昔買ったヤマケイJOYを読んでいたら、立山と白山の記事が載っていた。北陸には、日本3名山のうち2つがあることになり、山登りが好きな人には恵まれた環境なのかもしれない。といいながら、筆者は一度も白山に登ったことがない。一番のシーズンである夏に国家試験(いつもだめ)があるからである。今年は是が非でも白山に登りたいのー。

そもそも1000m以上の山にどれだけ登ったことがあるかといわれると、筆者は低山トレッキングがメインなので、数えるほどしかない。以前ブログで紹介した夜叉が池、山形の月山、鳥取の大山、そして立山である。夜叉が池以外の3つの山に共通しているのは、途中までケーブルなどで行くことができるので、実際の登山ルートはかなり短いのが特徴である。月山なんて、普通にポロシャツに革靴で行くことができるくらい楽な山だったのを記憶している。

立山は、2年前に初めて行ったのだが、6月に室堂経由で黒部ダム、10月には初めて山頂まで到達した。人生初の標高3000m超えである。1年に2度も立山に行くのは我ながらすごいと思うが、山好きな人は何度も足を運ぶんだろうなー。

DSC00438.jpg

弥陀ヶ原付近の風景。バスの中から撮影したのでなかなか写真を撮るのが大変であった。

DSC00449.jpg

紅葉というか、黄葉というか、錦という言葉が一番ふさわしいかもしれない。

DSC00451.jpg

室道周辺の様子。若干岩が露出しているのが特徴である。

DSC00468.jpg

しばらくは平坦な道を進む。自分の記憶では奥に売店があり200円か300円でお汁粉を飲んだような気がする(違っているかもしれない)。

DSC00469.jpg

徐々にごつごつとした岩肌に変わる。

DSC00473.jpg

この日はものすごく寒い日で、室堂の気温が午前7時で0度しかなかったように記憶している。ちなみに登山した2日後くらいに雪が降った。登頂できたのは運がよかったのかもしれない。

DSC00481.jpg

それほど急な山ではなかったが、途中コースを外れて、一瞬身動きが取れなくなったときは困った。山から落ちるかと思った。

DSC00485.jpg

こういう風景は高い山でしか味わえない。いい風景だ。

DSC00490.jpg

DSC00492.jpg

山頂にある三角点

DSC00495.jpg

山頂の神社(雄山神社)。なお白山は女神なので「白山比め神社」(「め」の文字変換ができない!)である。

DSC00502.jpg

DSC00507.jpg

恥ずかしながら、どの方角に何の山があるかさっぱりわからなかった。山の風貌から剣岳だけはわかるが・・(上の写真には剣岳はない)

DSC00510.jpg

あと、立山の室堂には「みくりが池温泉」という温泉があり、立ち寄りで500円で入浴できる。6月と10月、どちらのときも入浴して帰った。熱めのお湯が疲れを取るのにとてもよい。気持ちえがったのー。できれば1泊したかったが満室だったので断念した。

実は上高地にも行ったことがない。 5月末頃休暇をとって上高地でダイエット登山かのー。お金ないけど。せめて白骨温泉くらいは行ってみよう。