ROKUZAEMONの隠遁生活

まち歩きしながら感じたことを中心に書き留めています

快適な寝具とは

今日生まれて初めてベッドを購入した。以前からほしかったのだが軍資金がなくふとんで我慢していたが、腰痛・首痛がひどく、眠りも浅いと感じていたため、ボーナスもわずかながら出たこともあり思い切って購入を決断した。

午前中自宅近くのI店に行く。実は1年以上前に枕を買いに来て、とても気に入ったベッドがあったので再度見に行ったのである。自宅近くだが、ちょっとわかりにくい場所にあり若干迷った末に到着。お目当てのベッドは残っていた。ウッドスプリングにより、寝る人の体重や体型に合わせてセッティングできる優れもので、1年前に来たときには、トータルで15万円程度と聞いていたのだが・・

今日話を聞いたら、なななんと、40万円!んなアホな。買える訳ないやん!ベッドフレームを入れると55万円なり!!「ローンも組めますよ」といわれて若干悩むが、15万円程度を想定していたため即答できず。違う店も見ることにした。

自宅から30分離れたS店。しかし金沢もなかなか広いね。いろいろ話を聞くと、全然値段が違う。最初にS店に来ていたらそんなことは感じなかったかもしれないが・・

HPでベッドの選び方を調べてみると、マットレスのよしあしが重要と書いてあった。しかし、実際ベッドで寝てみると、マットレスの硬さも重要なのだが、敷きパッドの有無も重要のようだ。「マットレスの上におふとんを敷いてもらってもいいですよ」といわれたので敷きパッドは買わずに、フレーム、マットレス、シーツを購入。しめて9万7千円なり。15万円程度の出費は覚悟していたので安い買い物になってほっとした。ただし、敷きパッドは後からほしくなり、フェザー敷きパッドを通販で購入。それでも総額11万5千円。そんなもんかのー。

余談であるが、以前とある整体に通ったとき、その整体のHPにて、「寝具による害毒」という内容が記載されており、当時から体調の悪かった筆者は良くなりたい一心で寝具を買い換えたのであった(もっとも当時筆者が購入したフェザー敷き布団はあまりにもぺらぺらで結局ほとんど使わなかった)。そのHPによると、フェザーとポリエステルは無害で、それ以外の寝具(ダウン、羊毛、綿、シルクなど)は有害であるとのことである。筆者はその整体に2度通って治らなかったが、その先生の言っていることは全てとはいわないまでもある程度真実だろうと思っており、いろいろできることは今でも実践している。コタツふとんはポリエステルなのだが、肌触りや弾力などとは異なる感覚、体が休まる感じがするのは確かである。一方、羊毛ふとんや100%ウールの毛布に包まって寝ると、さわり心地や暖かさは良いのだが、翌朝なんとなく疲れが抜けないのである。実は両方のお店で羊毛敷きパッドを勧められたのだが、そのようなこともあったので購入を見送り、代わりにフェザーにしたのである。

まあ、こういう話は、本人が信じる信じないの話なので、他人に勧めるまでもないのであるが、筆者のように体に何らかの不調をきたしている人間であれば、「論より証拠」で、まずは試してみることも大事だと思う。ちなみにその整体の店ではいろいろなものも販売しており、筆者は「サミットクリーナ」と「無害マン」なるダスター、またその先生が推奨した「ソルボ」という商品の中敷きも購入し、常時携帯していた。そこまですれば体調は万全になっているはずだったのだが・・残念ながら不調のままです。

DSC05302.jpg

DSC05304.jpg

写真は草津温泉の湯畑である。今日の話とは何の関係もないが・・

ともかく早く体が良くなってほしいと思う今日このごろである。