ROKUZAEMONの隠遁生活

まち歩きしながら感じたことを中心に書き留めています

奈良の鹿

土日は奈良と大阪に行く。とても楽しかったのだが、なぜか現金2万円が財布から消え去っていた。かなりショックである。

奈良は阿修羅を見に行く予定だったのだが、2時間待ちのため断念し、普通に大仏だけ見て帰った。しかし奈良は久しぶりだったが、良いとこですね。

普段は京都駅から近鉄に乗って行くのだが、今日はJR大和路快速に乗って奈良まで行った。しかしJR奈良線って、都会にありながら単線だったのには驚いた。ちなみに京都駅では超満員で、みんな奈良まで行くのかと思いきや、東福寺の紅葉が目当てだったみたいで、あっという間に半分近くの人がいなくなった。残った半分のさらに半分が宇治で下車し、奈良まで乗っていた人は約1/4程度であった。

DSC03149.jpg

かつての奈良駅舎。現在は観光情報施設となっている。

奈良公園の何が良いかというと、やっぱり鹿の存在である。奈良の鹿だけだろうが、人懐っこいところと物ほしそうな目が人の心をくすぐり、鹿せんべいをあげないわけにはいかなくなる気持ちにさせる。

DSC03161.jpg

鹿に出会うとうれしくなる。どれだけせんべいをあげたことか・・

DSC03176.jpg

東大寺前参堂。鹿せんべいがたくさん売られているからか、鹿の密度が高い。

DSC03175.jpg

DSC03173.jpg

せんべいを持っていると多くの鹿に追いかけられる。

DSC03191.jpg

先日の新聞記事で、奈良公園の鹿の生息数が減少しているとのことであった。何でもプラスチックのものを観光客が与えているケースもあるそうである。人と自然が共存している貴重な場所だけに、奈良県奈良市も対策を講じてもらいたいと思う。一番手っ取り早いのが交通規制だと思う。交通事故で死亡する鹿も相当いるのである。しかしこの日見た鹿は人間と一緒に律儀に信号待ちをして、一緒に行動していた。まさか信号が理解できるとは思わないが、人の動きに感じるものがあったのだろうか。

DSC03179.jpg

奈良公園内の紅葉。イチョウの黄葉もなかなか見事であった。京都に行って高い拝観料を払うのも良いけど、個人的には奈良公園の自然で十分満足した。

DSC03206.jpg

大仏様。通常寺院では写真撮影不可のところが多いが、東大寺はさすがにスケールが大きい。

DSC03224.jpg

東大寺大仏殿の軒下に鎮座していたなぞの木像。隣の人は「笑っているけど怖い」といっていた。怖いというか、めっちゃ老婆なんだけど。怖い怖いといいながら、手をなでて帰りました。

DSC03314.jpg

荒池から見た興福寺五重塔

しかしどこで2万円をなくしたのだろうか・・信じられない。