ROKUZAEMONの隠遁生活

まち歩きしながら感じたことを中心に書き留めています

苔の園

有田芳生氏のブログを見た。氏は先日の衆議院選挙で惜しくも敗退し、少数政党である新党日本から出馬したこともあり比例復活もならなかった。筆者は政治家としての有田さんを云々するつもりはない(当然面識もない)が、そのブログからにじみ出る人柄、誠実さ、見識の深さに惹かれている一人である。選挙戦敗北にあたり、有田さんに寄せられたコメントの数々を見て、他人のこととはいえ胸が熱くなるのを感じた。不器用だけどまっすぐな生き方を貫く有田さんの生き様には共感する部分がある。議員にはなれなかったが、有田さんなりの方法で世のために尽力してほしいと思う。

DSC04680.jpg

写真は小松市郊外の「苔の園」である。先日紹介した粟津温泉にほど近い場所にある。撮影したのは4年前の11月で、訪れたときは雨のせいもあり誰もいなかった。もっとも苔は小雨程度のほうが鮮やかに見える。

北陸には、杉木立の下に苔が生えている庭園がほかにもある。自分の知っている場所では、勝山の平泉寺白山神社、福井の丹巌洞である。雨の多い北陸は気候風土的にあっているのかもしれない。

DSC04676.jpg

苔のじゅうたんに落葉が彩りを添える。

DSC04670.jpg

紅葉もいいが、銀杏の黄葉のほうが映えて見える。

DSC04672.jpg

隣接する神社の黄葉。この時期にしか見られない一瞬の風景。

観光客は、那谷寺には行けどもすぐそばの名所には来ない。こういう隠れた名所を見つけるのも旅のひとつかもしれない。

にぎやかな雰囲気も悪くはないが、静寂な雰囲気を独り占めするのも旅の醍醐味である。