ROKUZAEMONの隠遁生活

まち歩きしながら感じたことを中心に書き留めています

政権交代

今日は寝不足だ。毎度のことながら、選挙の日は夜遅くまで選挙特番を見てしまう。それにしても比例復活とは一体何なのか。朝起きたら落ちたと思っていた某大物議員たちがこぞって復活当選していた。ちなみに筆者の地元の石川と、隣の福井は、比例復活のために自民・民主とも全員当選していた。福井などは、小選挙区で自民が全勝したにもかかわらず、民主が全員復活し、なおかつ比例単独で1名当選しているので、数から言えば民主の勝ちである。しかし、政権交代は当然の結果だと思うが、本当に民主が300議席を超えるとは思わなかった。ともかく、新しい政権には誠実に、着実に改革を実現してもらいたいと願う。

DSC02075.jpg

これが昨日湯船でおぼれかけた粟津温泉総湯である。たしか昨年にできたと思う。実は昨日初めて入って、小ぶりの建物ではあるがなかなか良い建物であった。筆者は時々粟津温泉を車で通るが、幹線道路に背を向けて建てられているので、正直わかりにくく、入ろうと思っても入りにくかった。建物の向きを反対にして、車で通る人にわかりやすい配置にしたほうがよかったのではないかと思う。

DSC02077.jpg

総湯駐車場から見た写真。奥に見える旅館はギネスブックにも登録されている「法師」である。粟津温泉は小さな温泉街であるが、歴史は古く、中でも法師は代表的な旅館である。

DSC02078.jpg

正面入り口の様子。建物の雰囲気は悪くないと思うが、みやげ物店を併設したほうが利用者数は増えたような気がする。地元住民のための共同浴場か、観光客も取り込んだ共同浴場にするかで、建物の作り方も変わったような気がする。

浴室の様子も写真で撮りたいところであるが、変に疑われるのもいやなので撮影は断念した。脱衣所と浴室がガラス張りとなっており、明るい雰囲気となっている。浴槽・床は地元の滝が原石(大谷石のような緑っぽい石(凝灰岩))を用いている。

朝早かったこともあったが、利用者数はまばらであった。立派なお風呂であるのにもったいない。ちなみに入浴料は400円です(安い!