ROKUZAEMONの隠遁生活

まち歩きしながら感じたことを中心に書き留めています

小杉新町

今週は疲れた。何かとストレスのたまる1週間であったが、眠りが浅いのも原因のひとつかもしれない。朝起きて朝食を食べると眠くなる。最近は出勤直前に30分ほど2度寝してから出かけるようにしている。昔は結構目覚めはよかったのだが、もう年かのー。日に日にヘタってきている今日この頃である。

DSC03405.jpg

2ヶ月前所要で小杉に来た。金沢から小杉は高速で1時間もかからない場所にあるが、特別来る用事もなかったので来たことがなかった。

少し時間があったので歩いてみる。

DSC03417.jpg

加賀藩時代は小杉新町と呼ばれており、宿駅のあった場所とのこと。初めて小杉の町を歩いたが、思った以上に古い町並みが街道沿いに残されていた。

上の写真は何の建物かわからないが、黒壁の建物はまちなかのアクセントとなっている。

DSC03421.jpg

この建物は非常に良い。小杉郵便局と書いてある。現役だろうか。時代もかなり古そうだ。文化財級の建物だと思う。

DSC03423.jpg

この建物も当時の状態で残されている。もともと造り酒屋であった建物を喫茶店に改装した建物だそうである。通好みの場所といえようか。

SN3D0001.jpg

旅籠のような建物。手前の囲いが景観上もったいない。

DSC03410.jpg

もともと銀行だった建物。現在は市の展示館(ギャラリー)となっている。

DSC03428.jpg

以前三国にある旧森田銀行に行ったことがあるが、昔の銀行はこんな感じの建物が多い。

DSC03432.jpg

金庫が残っていた。

DSC03425.jpg

思った以上に町並みが残っているのに驚いたが、おそらくあまり知られていないのだろう。地元の人以外でここに訪れる人はほとんどいないのではないか。

八尾などはおわら風の盆で急激に知名度が上がったが、昔は街道沿いのこのような町並みは全国どこにでもある風景で、さして取り上げるほどのものではなかったと思う。但し、昔の風景が今後も残る保証はない。今のうちに町をあげてこの風景を残して、地域の宝としてほしいものである。