ROKUZAEMONの隠遁生活

まち歩きしながら感じたことを中心に書き留めています

神戸のシンボル

写真を整理していると、ふと栄光教会のことを思い出した。

栄光教会とは、神戸の元町から兵庫県庁寄りに位置する古い教会で、実は昔神戸で仕事をしていたときよく付近を通った場所であった。

北野町や旧居留地界隈、南京町などと比べると、観光客にはなじみは薄いかもしれないが、隣接して建っている兵庫県公館と併せて、なかなか文化的な香りを感じるエリアである。

10数年前になるが、仕事でうまくいかないとき、悩み多いときに栄光教会の前にたたずむと、なんともいえず勇気付けられるというか、救われた気持ちになった記憶がある。それくらい筆者には思い出のある場所である。

阪神淡路大震災で教会は崩壊した。震災の翌日6時間かけて神戸に入ったとき、神戸の町の変わり果てた姿が今でも目に浮かぶが、中でもあれだけの威厳を誇っていた栄光教会があとかたもなく崩れていたのは言葉にならなかった。

それだけ思い出深い教会であるにもかかわらず、当時の写真が残っていなかった・・

DSC00307.jpg

DSC00302.jpg

震災後再建された栄光教会

極力当時の趣に近づけるよう配慮されているが、やはり別物である。

DSC00305.jpg

DSC00304.jpg

崩壊を免れた兵庫県公館(旧兵庫県庁舎)

違う人のHPでかろうじて昔の写真を確認する。しかし写真だけでは当時の雰囲気が思い出せない。もっと存在感のある建物であった。

言い訳するわけではないが、当時はデジカメがなかったから・・我ながら悔やまれてならない。